「iPhone8」新しい機能登場でコスト上昇、円安も影響か???

iPhoneの10周年記念モデル「iPhone8」あるいは「iPhone8 Plus」、「iPhone X」と報じられています。

今回の「iPhone8」シリーズ機種は有機ELOLED)ディスプレイ、虹彩認証を搭載、ワイヤレス充電Qi規格を採用して、コスト上昇ため、1,000ドルを超え、iPhone7 Plusよりも割高になる。

 

「iPhone8」の価格は12万円超!?OLED採用でコスト上昇、円安も影響か???

iPhone8 OLED

今回の10周年記念モデルは5.8インチOLEDディスプレイが採用されると噂されていますが、OLEDは供給できるサプライヤーが少ないうえ、

従来の液晶(LCD)ディスプレイの約2倍の製造コストがかかることと、大容量メモリの搭載により、価格はかなり高くなるようです。

 

「iPhone8」、虹彩認証を搭載?

iPhone8 虹彩認証

今年の「iPhone8」には虹彩認証とワイヤレス充電が搭載され、例年より早く製造が開始される、と報じられています。

iPhoneへの虹彩認証の搭載については以前から噂されており、昨年8月末頃にはAppleの主要サプライヤーXintecが虹彩認証用チップの製造準備に入っている、と報じられていました。

 

「iPhone8」のワイヤレス充電方式は「Qi」!?

iphone8 予約ケース

今年iPhone発売10周年モデルはワイヤレス充電方式「Qi(チー)」を推進する業界団体、Wireless Power Consortium(WPC)に加盟したことが判明しました。

一方、独自の情報源を持つMacお宝鑑定団は、台湾の信頼出来る情報筋からの話として、ワイヤレス充電となるのは背面ガラスを採用した1モデルのみだと報じています。

以上です。今後の動向に注目てください。

zaecaseは今iPhone8 ブランドスマホケースを予約します。